Jeepラングラーアンリミテッドが宝物

ジープラングラーアンリミテッドを購入。ラングラーの思い出と共に関連情報を発信します。最新情報、お役立ち情報も集めていきます。コメントなど気軽にお願いします!

ラングラーの購入を迷ったら見るブログ。

ラングラーの購入に迷ったら見るブログ新型JLラングラーではない、JKラングラーに乗っています。

ラングラーの購入を迷っている方や、ラングラーに興味がありこのブログにたどり着いた方にラングラーを知ってもらいたい。そんな気持ちをこのブログに残します。

ラングラー 購入を迷っている方へ。

高排気量、アメ車、大きな車体のラングラー
故障、メンテナンス、燃費、維持費、車検、整備、洗車、保険に税金。駐車場を借りるにしてもラングラー を駐めることができない駐車場があります。

何をするにも時間とお金がかかります。ラングラーってそのような車です。

そんなにもお金がかかるの!?

エコカー、ハイブリッドカーが普及する中なぜラングラーに乗るの!?

ラングラーに乗ると実際どのくらい維持費がかかるの!?

サラリーマンの給料でラングラーを維持できるの!?


ジープ ラングラー購入を決断するまで、色々考えることがあると思います。




今まで、ラングラー、アメ車、外車に乗っていた方ならイメージできる部分もあると思いますが、コンパクトカー、ハイブリッドカーからの乗り換えの方には勇気のいる決断になると思います。ミニバンからの乗り換えの場合も同じです。車体は大きいですが、ミニバンよりも荷物が載らないってのもラングラーです。

それでも買う理由は何なのか?

燃費悪い荷物載らない小回り効かない税金高い

ランニングコストを考えるとどう考えても、どう計算してもラングラーの方が維持費かかります。

しかし

私が購入を決めたポイントは1つだけ、
ラングラーかっこいいから。

これです。

私の場合は、買うというより買っちゃった
という表現がぴったりでした。

一目惚れでいつの間にか買う方向に頭の中が整理されていきました。金額も500万overの買い物ですから高い買い物です。

色々と出てくる不安を解消するために、計算したり調べたり。ラングラー 購入を諦める理由はいくらでもありました。どの車と比較してもラングラーにするメリットが見つからず。
でも、見た目や所有した時をイメージするとラングラーに勝る車はありませんでした。

あくまでも好みの話で人によって違うと思いますが。
今このブログをここまで読んでいただいた方、ラングラーを検討している方であれば、既に買うことが心の中で決まっているのではないでしょうか。



実際
他の車より燃費悪くガソリン代がかかります。
排気量大きく税金高いです。
洗車も洗車機使えません。
タイヤも大きいサイズですので、買い換える時の費用がかかります。


ラングラーの駐車場問題

JKラングラーのサイズで進めます。
サイズですが、全長4,705、車幅1,880mm、車高1,845mm、車両総重量2,295kg。
大きい、重い。タワー式の駐車場はまず無理だということはイメージしやすいかと思います。

たまにある、高架下だとかの高さ制限については、今のところ通れなかったということは無く、問題になったことはありません。

サイズ制限、普段から問題になることは少ないです。駐車場のサイズに収まらない場合は気がつくからだと思います。

しかし、重量。
重量2tを超える重量は、立体駐車場でたまに2tまでの制限があり、空車なのに駐車を諦めることがあります。


ラングラーの洗車問題

洗車機に入りません。手洗いするか洗車をお願いするかになります。ディーラーに持っていけば洗車をタダでしてくれますが、それだけでは常に綺麗な状態を維持することができません。なので、洗車場の利用機会が増えました。
さらに、ラングラーに乗り高速道路を走ってわかったこと。フロントガラスに虫がめちゃくちゃぶつかること。
フロントガラスの傾斜があまりないので、虫が正面からガラスにぶつかり潰れます。雨が降ると小雨でも視界が悪くなるほどにフロントガラスに雨がぶつかります。


ラングラーの税金問題

これは仕方ない話ですが、やはり税金年1とはいえ高いです。
税金のため、パーツ購入のため、洗車は自分で、車いじりもDIYで行い工賃分を貯金するようにしています。貯金がどんどん貯まり驚きます。
ラングラー 買うと色々いじりたくなってしまいます。今は、検索すれば大体のDIY作業工程を調べることができます。
でも、ラングラーの場合、日本車に比べて作業をネットに情報発信している人が少ないように思います。必死に探して目的の情報を発見した時にはなんだか嬉しくなります。

このブログにも、簡単な内容ですがラングラーの

  1. バンパー取り外し方
  2. ヒッチメンバー取り付け方
  3. 車載ジャッキを使ったタイヤ交換
  4. バックカメラの取り付け作業
  5. 洗車

について、ブログにしています。


ラングラーの積載量問題

先程も書きましたが、ラングラーの車両サイズの割に荷物が載りません。しかし、ヒッチキャリアやルーフラックを付けることで問題は解決し、更にヒッチキャリアやルーフラックを付けた姿がかっこいい。
3,604ccの高排気量の車ですから、パワー不足を感じることがなく、大人5人荷物を満載したとしても山道もパワフルに登ってくれます。
私は、サイクルキャリアをヒッチに取り付けていますが、社外に取り付けると後方確認が難しいため、バックカメラをスペアタイヤの中に取り付けました。


これは凄いよラングラー

屋根が全部外せます!

運転席からの視点が高い!

ガソリン1回の給油で10,000円超えそう!

見た目がオシャレ!他の車にはないデザイン!

普段ラングラーに出会うことない!

使い方の工夫次第で無限の可能性を感じる!

ジープ グッズを集めたくなる!

ほかにも沢山ありますが、今回のブログはここまでに。

ラングラー に乗った1年間、色々なアクシデントから思い出が過去ブログに残っています。ラングラー に振り回された1年間分を笑ってやって下さい。

第1回目のブログは↓コチラ↓から
www.olllllllo.net