Jeep ラングラー アンリミテッドが宝物

jeep ラングラー アンリミテッド アルティチュード を買いました。ラングラーとの思い出と共にブログに残していきます。jeepラングラー ブログ 購入

ラングラーで雪道目指して金沢へ。

今週末。先週体験したラングラー での
吹雪走行を再現するため。

雪を求め、金沢へ

いってきました。

注意
今回のブログは、完全にラングラー との
思い出ブログとなります。




AM5:50 近所のガソリンスタンドでレギュラー満タンに。

AM6:00 石川県に向け出発!

天気予報



天気予報は、温暖な気候。

予想。

なんか嫌な予感
でも、雪を求め行くしかない。
休みは限られているし、タイミング見計らっていたら
春になってしまうから


雨予報でも、目的地の石川県、又は道中、吹雪になるのではないかと、期待して。
向かいました。

安心安全ラングラー



エンジンを温め、快適に金沢まで走ろうとする、
ラングラー の横顔を1枚撮り出発しました。

たくましい姿です。

目的達成できない可能性も考え。
吹雪以外の裏目的も設定しました。

知人に紹介してもらった、寿司屋に行ってみる。それと、今が旬、寒ブリを手に入れること。


北上するルートは、北陸道
南下するルートは、東海北陸道にしました。
北陸道では、日本海側の吹雪。
東海北陸道では、白川郷、ひるがの高原辺りでの豪雪を期待しルートを考えました。

日本海と山。いかにも雪が降りそうな。ルートです。
吹雪になれば、今回こそはリアフォグランプを点灯し視界最悪の中、後方車両に車の存在をアピールするぞと。

結果



今回は、一度も吹雪にも降雪もなく、金沢遠征は終わりました。


もちろん、リアフォグランプを使う場面無く。


日本海も白川郷、ひるがの高原も全て晴れと雨。
雨は、普通の雨ではなく、大雨

アルティチュード のボンネットの凸凹に雨水がすぐに溜まります。
カーブになれば、
ボンネットの凸凹バケツから、
水がバシャっと流れ落ちます。
ブレーキ、アクセルを踏めば、
前後にボンネットの凸凹バケツから、
水がバシャっと流れ落ちます。

ノーマルタイヤでも問題ない路面状況のなかでの、
金沢遠征となりました。

達成できず



目的の吹雪走行は、達成できませんでした。

雪道走行なしです。

今回は、完全に旅ブログとして思い出を残します。

良さそうな情報があれば、金沢に行く時の参考になればと思います。

兼六園



金沢観光、旅行の定番

庭園をぶらり。以前に行ったキャンプ場を思い出しながら、江戸時代タイムスリップ庭園を楽しみました。

寿司屋 寿司処松の



こちら、富山の知人に接待で喜ばれるお店として、デカネタ寿司コスパ最高として紹介され。行ってきました。

石川県かほく市にある。
寿司処松の。正確には松の寿司?
寿司処 松の

食べログリンクはこちら↓
寿司処 松の - 本津幡/寿司 [食べログ]

カニとイクラ

甘エビ

アジ

ブリ

ブリ腹

その他色々。
にぎり、上にぎり、特上と。3メニューと単品を注文できます。今回は、上にぎり3,500円(税別)を注文。

ちなみに、特上は4,500円(税別)。
明瞭会計、めちゃクチャ美味い
さすが日本海。日曜なので市場はやってない。

旬の寒ブリは絶品でした。
カワハギの肝のせも絶品。


そのほか、定番観光地を周り。
兼六園の駐車場で、ラングラー を1枚。
となりのセレナ?より小さく見えるラングラー 。

今回、吹雪走行は実現しませんでした。

最後に、

裏目的

寒ブリの調達




1匹18,500円の天然寒ブリを、1匹は食べれないということで、交渉し。半身を削ってもらい。8500円に。
カマ、中骨、尻尾、もちろん背の身、腹身も全て。さ

さらに値段交渉し7,000円で調達。

どこでも値引き



値引きしてもらった1,500円はいつかのタイヤ交換のために、貯金箱へ。

たらふくブリしゃぶ


たらふくブリしゃぶを食べられます。
しかし、寒ブリとはいえ魚の購入に7,000円。
高額なお買い物となりました。

金沢でブリを調達し、ラングラー のトランクに荷物を載せて無事帰宅しました。


日曜午後は。大雨でした。
ラングラーは大雨でも素晴らしい走りをしてくれます。

スタッドレスタイヤを履いているので、水溜りに高速で突入するとタイヤが流れます

車高が高く、サスペンションも柔らかいので。
車高の低い、カチカチのサスペンションを付けたスポーツカーに比べると、
ハイドロプレーニング現象に気付かないように思います。

実際、今回の大雨の中高速走行していて、タイヤが流れましたが、分かりにくいです。

今まで乗ってきた車では、大体ハイドロプレーニング現象に気づいているので。
速度には注意する必要あります。


どこへでも、どんな環境であっても、安全安心の走り。最高の相方です。

次に車乗り換える時は、JLラングラー 一択ですわ。