Jeep ラングラー アンリミテッドが宝物

jeep ラングラー アンリミテッド アルティチュード を買いました。ラングラーとの思い出と共にブログに残していきます。jeepラングラー ブログ 購入

jeepラングラー リアバンパー取り外し方法。

前回のブログで紹介した通り、無事にラングラー にヒッチメンバーを取付けることができました。
www.olllllllo.net


その時に、リアバンパーを外しましたので、
リアバンパーの取り外し方法について、今回のブログに残しておきたいと思います。



その前に、作業をするのに最も重要な、
必要な工具についてです。
私が持っているラチェットセットです。安物ですが、これがあれば、今までほとんどの作業が可能でした。

しかし、ラングラー のバンパーを固定しているネジは、16mmのソケットが必要でした。

私の工具セットには、残念なことに16mmは入っていませんでした。
沢山入っているのに、16mmだけあえてとばしているかのようにありませんでした。

急遽近所のホームセンターに、16mmのソケットとアダプタを買いに。
KTCのソケット700円、アダプタ1500円位でした。

そして、リアバンパー外しですが。
まずは、下の写真で指差している部分の裏の辺りにボルトが計6本ついています。

まずは、こちら↓の写真。
タイヤハウスから覗くと見えます。ボルト2本外します。逆も同じです。

次に、こちら↓の写真。
写真だけでは、どこ?って感じの写真ですが、リアフォグランプ辺りから潜ってみると、確認できます。

どちらの箇所も、バンパーとフレームが金属を介して付いています。バンパー側、フレーム側どちらを外しても大丈夫そうです。

バンパーが固定されているボルトを外すと、リアのフレームにバンパーが乗っかっている形になります。

まだ、引っ張り出してはいけません。
こちら↓の写真の辺りに、リアフォグランプの配線があります。

そして、その配線は、左のリアタイヤ裏辺りのソケットに繋がっているため、ソケットから配線を外す必要があります。

ソケットを外す時には、車の下に潜り込み断線させないように、引っ張ると外れます。フレームに配線が付いていますが、マイナスドライバーなどを使ったり引っ張るだけでも外れます。

これでリアバンパーの取り外しは完了です。
後は逆の手順で戻すだけ。

シンプルな作り、ジャッキアップせずに車の下に入れるのはjeepラングラー ならではです。
イジるのも楽しい良い車です。



www.olllllllo.net